読者の声

豊富な情報量をフル活用できる「web電子版」が秀逸

日本調剤 毛呂薬局
(薬剤師)

中園 卓臣

■豊富な情報量が決め手に

学生時代,実務実習に参加するにあたって,治療薬の事典を購入しました。類書がいくつかある中で本書を選んだきっかけは,実物を手に取ってみて,「解説が充実している」と感じたことでした。書店のコーナーを見ると,様々な事典が置かれていて,それぞれに特徴があるのですが,要約された解説よりも詳しさや分かりやすさを重視して選びました。
なかでも,「図解 薬理作用」は,有用でした。各種薬剤の作用機序がまとめて図解されている書籍はあまりなく,本書の最大の特長と言えます。

■添付文書級の情報を的確に整理

薬剤の添付文書はweb上で閲覧できますが,その薬の添付文書情報だけでは十分とは言えません。効果や副作用が異なる同種薬の情報も参考にする機会が多いため,薬効毎に分類された情報が必要です。その点,本書には章の冒頭に「薬効別一覧表」があり,同種薬の比較が一目でできます。
同種薬の比較において特に役立つのが,医師への疑義照会の場面です。例えば,薬歴情報にセフェム系抗菌薬で蕁麻疹の副作用の既往があった方に,同種薬の比較を利用し,副作用情報に注意して,別の薬剤を提案することもできます。副作用情報を省略せずに掲載しているのが『治療薬マニュアル』の特長ですね。また,専門外の患者様を診察された場合には,状態に応じて適切な薬を提案するためにも,添付文書レベルの情報が必要です。


ページのトップへ
■「web電子版」でさらに便利に

薬剤師として勤務するようになってからは,薬剤そのものを調べることよりも,「薬効から目当ての薬を選ぶ」という使い方のほうが多くなりました。本書のweb電子版は,目次と同じように章から小項目に遷移する形式なので,スマートフォンやタブレット端末の画面を数回タップするだけでたどり着けるのが非常に便利です。また,パソコンでも利用でき,トップ画面を立ち上げておいて,必要なときにすぐに検索できるのもありがたいです。さらに,web電子版では薬価改定にも対応するとのこと。薬価を頻繁に参照する立場としては,安心ですね。
書籍のほうは,2017年版から製本様式を改良したようで,厚い本にもかかわらず,開きやすくなりました。実務実習でも臨床現場でも,必要な情報に簡単にアクセスできる,『治療薬マニュアル』の進化に,今後も期待しています。


読者の声一覧へ戻る


Copyright © 2018 Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved. - chimani.jp -